senior interview

なぜ私が常駐先から
初めての請負案件を受注できたのか。

  • 統合情報技術本部
  • 業務開発2部
  • 津山裕紀

京都コンピューター学院卒、2013年4月入社。塩顏にメガネを光らせ、そつなく仕事をこなす姿を見ると、「少女マンガの生徒会長かよ! 」とツッコミたくなる。

新人SEから常駐スタッフの取りまとめ役へ。

連結会計システムの企業からOJT中にご指名をいただき、現在もそこに常駐しています。最初は自分の業務をこなすだけで精一杯でしたが、今は常駐スタッフの取りまとめ役もしています。また、下流工程だけでなく上流工程にも参加。要件定義のプレゼンテーションは自分にとって大きな経験になりました。

いつも筋道を示してくれる的確なアドバイス。

以前、常駐スタッフを取りまとめるためにWBSを作ったことがあります。しかし、まったく使いこなせず自然消滅。すべて自分で管理しようとしたのが原因でした。新しい事に挑戦している時に、その過程で失敗したとしても、社内の先輩方は叱らずに冷静で的確なアドバイスをくれます。日報などを怠けたときはガツンと叱られますけど(笑)。

お互いの信頼関係が請負受注の架け橋に。

いちばん手応えを感じたのは請負案件の受注に成功したときです。もともと人と話すのが好きなタイプ。常駐先とコミュニケーションを取る中で、「今、この案件ならば」と提案したところ、快諾していただけました。請負案件はお互いの信頼関係あってのもの。喜びと同時に大きな責任も感じています。
入社して、まだ3年目。これからも明確な目標を持ち、日々努めていきたいです。